31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑はミドルで決める


本田圭佑の得意のシュートパターン、コース。

何となく見えて来ました。

サッカーオランダリーグ2008-2009 VVV×Telstar

秋ですね、ゴールの後ろに枯葉が舞っています。

この試合、本田圭佑はセンター。

このポジションどうなのでしょうか?

管理人の個人的な考えでは、右がいいような気がします。

どちらかというと、大味な試合が多いような気がするオランダリーグですが、この試合は接戦です。

さて、得点シーンです。

右サイドでスローインからボールをもらった本田圭佑は、トラップすると見せかけ、そのままボールを中央に向かって走らせます。

そのままボールを追っかけるようにして本田圭佑は左に移動します。そして急激にスピード増し、小さく方向を変えます。

マークに来た選手をショルダーチャージで引き離した次の瞬間、左足を振り抜きます。

グラウンダーのシュートはディフェンダー2人の隙間を縫うようにゴールに向かいます。

ボールはゴール左隅に突き刺さります。

ゴールキーパーはまったく動けません。

右から左に強引に移動しながらゴール左を狙う。力業です。

本田圭佑、このパターンが得意のようですね。




【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

本田圭佑ミドルとヘッド


サッカーオランダリーグ HFC Haarlem VS VVV Venlo

この試合の本田圭佑のポジションはセンター。

司令塔ですね。

でも、いつものワイルドなプレーは健在です。

この日は2ゴール。

最初の得点は、ペナルティーエリアの外からのミドルシュートです。

左に移動しながらバックパスを受けると、ノートラップでグラウンダーのシュート。

ボールはゴール左隅に。

ライナー性のシュートとは異なり、見た目の迫力はイマイチ欠けるかもしれませんが、ゴールキーパーにとっては、はるかにさばきにくいシュートだと思います。

一見地味ですが、鋭いコースを突いた技有りのショートです。

それにしても、本田圭佑を始めオランダリーグの選手はミドルシュートをよく打ちます。

観客の反応もよい、と思います。たとえ、枠を外れても、声援が沸き上がります。

シュートを積極的に打ち合う試合は、見ていてウキウキします。

日本選手ももっと大胆にミドルシュートを打つ習慣を身に付けて欲しいものです。

2点目はドンピシャのヘッド。

右の深い位置からのフリーキック。

本田圭佑はゴール右から中央に移動します。マークは1人付いていますが、本田圭佑の前に出ることはできません。

勢いよく走りながらジャンピングヘッド。

マークは最後まで後手。気持ちよく決めた、という感じですね。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

本田圭祐脅威のミドルシュート


本田圭佑の弾丸ミドルシュート。

2009年8月9日サッカーオランダリーグ VVV vs ADO

2試合連続となる本田圭佑の迫力の得点シーンです。

攻撃は中盤から一気に展開して行きます。

本田圭佑は一旦、味方にパスし、そのやや左後方をゴール正面に向かって駆け上がります。

このときの2人の突進はかなりスピードに乗っています。守備体系は整っていません。

ドリブルで駆け上がる選手はゴール正面に向かっています。

彼に対するマークは詰め切れていません。

守備の人数が十分といえない状態です。

ドリブルでそのまま中央突破もできそうな守備体系です。

早い攻撃に守備体系を整える余裕がありません。

本田圭佑がさらに中央寄りに移動しかけたときに、ドリブラーがパスを出します。

本田圭佑にマークは付き切れていません。

ゴールまでに遮る選手もいません。

本田圭佑はノートラップでペナルティーエリアの外から左足を振り抜きます。

低い弾道がゴールキーパーの左を突き刺します。

ボールの勢いは相当なものです。ネットにボールが当たった瞬間、ゴールポストが動いています。

本田圭佑の思いっ切りのよさには、いつもほれぼれさせられます。

シュートタイミングは、他の日本人選手には見られない素早さがあると思います。

シュートに対する意識。

本田圭佑の大きな魅力のひとつです。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

本田圭佑ミドルシュート&アシストUTR - VVV


今回は本田圭佑のアシストシーンから始まります。

自陣でボールを奪うときの体の使い方のうまさが光ります。

ボールを奪ってからは猛然と相手陣内に向かって奪取します。

ハーフラインを通過したあたりでは、相手の守備陣は3人が直線上に並んでします。

VVVフェンロは中央に1人。両サイドに1人ずつ。

中央に位置しているのは、カラブロ。

オフサイドぎりぎりの位置です。

突然カラブロが右に走り出します。

その瞬間、本田圭佑はカラブロの左にスルーパスを出します。

カラブロにはマークが付いていません。

飛び出しのタイミングとパスを出すタイミングが絶妙です。

カラブロは守備陣のど真ん中を突進します。

ゴールキーパーがペナルティーエリアのラインまで出て来ますが、カラブロは落ち着いて右足でゴール右にシュートを決めます。

本田圭佑の得点シーンは強烈です。

映像を見た印象では、マークについた選手は、まさかあの位置からシュートを打つとは思っていなかったのでは。

マークの仕方がイマイチ厳しくないと思います。

他の守備陣も同様にシュートされるとう緊迫感が薄い感じです。

シュートが決まったあとで愕然。こんなはずでは。そんな感じが画面から見て取れます。

正に意表を突いたシュートですね。

シュートが決まった位置も最高の場所でした。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:アシスト

本田圭佑2ゴール!オランダ杯3回戦



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

今回は本田圭佑のアシストシーンから始まります。

自陣でボールを奪うときの体の使い方のうまさが光ります。

ボールを奪ってからは猛然と相手陣内に向かって奪取します。

ハーフラインを通過したあたりでは、相手の守備陣は3人が直線上に並んでします。

VVVフェンロは中央に1人。両サイドに1人ずつ。

中央に位置しているのは、カラブロ。

オフサイドぎりぎりの位置です。

突然カラブロが右に走り出します。

その瞬間、本田圭佑はカラブロの左にスルーパスを出します。

カラブロにはマークが付いていません。

飛び出しのタイミングとパスを出すタイミングが絶妙です。

カラブロは守備陣のど真ん中を突進します。

ゴールキーパーがペナルティーエリアのラインまで出て来ますが、カラブロは落ち着いて右足でゴール右にシュートを決めます。

本田圭佑の得点シーンは強烈です。

映像を見た印象では、マークについた選手は、まさかあの位置からシュートを打つとは思っていなかったのでは。

マークの仕方がイマイチ厳しくないと思います。

他の守備陣も同様にシュートされるとう緊迫感が薄い感じです。

シュートが決まったあとで愕然。こんなはずでは。そんな感じが画面から見て取れます。

正に意表を突いたシュートですね。

シュートが決まった位置も最高の場所でした。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。