31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

U-21Japan合宿2006年8月



【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

日本サッカー、世界的な規模の大会ではなかなか結果が出せません。

今回の映像は北京五輪を2年後に控えた2006年のU-21の合宿の模様。

いきなり前代表監督オシムさんの姿が登場します。険しい表情です。

もっとにこやかな表情をしたらよいのに、と余計なことを感じました。

日本代表監督ともなると、へらへらしていられないのでようけれども。

映像には次の選手が登場します。

カレン・ロバート。平山相太。森本貴幸。

もちろん、本田圭佑も。

森本貴幸、頑張っていますね。若くしてイタリアに渡っていますが、着実の成長していると思います。

カレン・ロバートはどうしたのでしょうか。

平山相太(この映像当時はオランダ・ヘラクレス)もぱっとしませんね最近。

この合宿当時は両選手ともかなり期待された存在でしたが、本番の北京五輪には選出されませんでした。

反町康治監督は本田圭佑の将来性について語っています。スーパーになれる、と。



各年代の日本代表に選ばれ、結果を出し、期待が膨らむ本田圭佑。

さらなる活躍を期待します。


名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

本田圭佑左足と勝利にこだわる



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑がインタビューに答えています。

落ち着いた表情で、とても丁寧な言葉遣いです。

2006年7月9日のSportsStadium。

映像は名古屋グランパスのオランダ合宿から始まります。

本田圭佑は謙虚に、かつ情熱的に思いを語っています。

清々しい表情は好感。

日本代表への意欲。世界のサッカーと日本サッカーとの差。熱い思いが本田圭佑の口から次々と出て来ます。

どちらかというと、冷静にさえ感じられる口調は、かえっての熱情を物語っていると思います。

日本代表への熱い思いは、言葉よりも表情が端的に表しているでしょう。

左足にこだわる。

勝利にこだわる。

最大の満足感は自分がいいプレーしたあとに勝利がついて来ること。

試合やチームに対する姿勢。そしてリーダーシップ。ワールドカップへの想い。

同世代や近い年代の選手には絶対負けたくない。

本田圭佑の力強い言葉が続きます。



本田圭佑はリーダーに相応しい性格だと感じました。クラブチームを引っ張る原動力になる素養はもちろん、日本代表もけん引してくれると信じています。


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:Jリーグ
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。