31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑無回転シュートを語る



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

名古屋グランパス時代の本田圭佑がインタビューに答えています。

パコーンという感じだそうです。

何のことかというと、例の無回転のボールを蹴るときの感覚のことです。

感覚的に表現されても、まったくわかりませんね。

パコーンだそうです。

本田圭佑は繰り返し語っています。

ボールの中心を蹴ること。変なところを蹴ると、回転してしまう、とも。

簡単に表現していますが、地面に静止しているボールの中心を捕らえるのは、難しい技術です。

無回転シュートは蹴り方以外に、ボールにも秘密があるらしいのです。

今使われているボールは縫い目がなく、表面の凹凸が浅く、きれいな球体をしています。

というのも、接着剤と熱で表面を張り合わせているためです。

そのため中心を蹴れば、あの不規則な軌道を描く無回転シュートになりやすいそうです。

また、よく飛ぶそうですが、その反面、コントロールは難しい、という特徴があります。

以前サッカーボールといえば、五角形と六角形を縫い合わせたものが主流でした。

今ではあまり見かけなくなりましたが、この従来型のボールは手縫いで、形状的には今使われているボールに比べて、凹凸が深く、多少歪だったようです。

本田圭佑の今回のシュート場面は2つ。

その1つが2006年8月19日のジュビロ磐田戦です。

もちろんフリーキック。もちろん無回転です。

GK川口能活が体のほぼ正面でボールを捕らえたかに見えましたが、ポロリ。

何とハンブルし、そのままゴールイン。

川口、悔しかったでしょうね。



しかし、本田圭佑、以外ですね。ヘディングが好きじゃないそうですね。長身なので、ヘディングシュートも磨いて欲しいと思います。


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

ドーハアジア大会2006サッカー・パキスタン戦でのFK



【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

2006年ドーハアジア大会でのサッカー男子予選のパキスタン戦。

この試合でも本田圭佑が圧倒的な存在感を示しています。先制点をあげたフリーキックは圧巻です。

映像はほとんど本田圭佑のフリーキック1本だけですが、これが大迫力です。

それにしても、パキスタンは本田圭佑のフリーキックに対して無防備過ぎます。

壁が1人では、あのシュートはどうにも防ぎようがありません。

本田圭佑の情報収集をしていなかったのでは?

あの守備体系は直接シュートすることを想定していません。

重複しますが、あまりにも無防備です。

無回転のブレ球ばかりが取り上げられていますが、本田圭佑のキックは精度が高く、いつもゴールの隅を狙っています。

もちろん、スピードも超一級です。

パキスタンの失点は守備体系のミスもあるでしょうが、あのシュートでは、効果的な防ぎ方はなかったかも…

強いていえば、壁の人数を増やし、プレッシャーを与えることぐらいができ得る唯一の術だったかも知れません。

試合結果は3-2で日本の勝利。



無回転男・本田圭佑お見事!


31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

これぞ本田圭佑流無回転フリーキック!



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

本田圭佑はサッカー選手?

あのシュートはマジック!それともイリュージョン?

北京オリンピックサッカー2次予選 香港戦での驚異のパフォーマンス。

ボールに仕掛けが?と思わせるほどの超ブレ球!

こんなシュート見たことがありません。

ゴールキーパーはお手上げです。なす術がありませんね。ただボールの行方を目で追いかけるのが精一杯で、呆然としているようにも見えます。

それにしても、香港の守備まずいですよね。壁に人数をかけなければ…

もっとも、3人ぐらい並べても、役には立たなかったかもしれませんが。

その驚きのシュートをご覧ください。



いかがでしたか、本田圭佑の超驚きのシュート?


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。