31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

GK川口、本田圭佑は天敵?


Jリーグを回顧。

サッカーファンにはおいしいシーン。

すこし古い映像ですが、本田圭佑の底力、恐るべしです。

2006年8月19日名古屋グランパス対ジュビロ磐田。

前半28分、右サイドに深く切れ込んだ杉本が大きくボールを下げます。

そのボールを右寄りに位置している本田圭佑がペナルティーエリアからかなり離れた位置で受けます。

ボールをトラップした瞬間、相手守備が詰めて来ますが、本田圭佑はトラップ後、迷わず左足を振り抜きます。

ボールはゴール右端上部に。

GK川口能活、手が届きません。ポジショニングは悪くないと思います。

守備も詰めてはいますが、本田圭佑のシュートタイミングの早さと狙ったコースには手の施しようがなかったのでは、と思えるシーンです。

次のシーンは前半33分。

グランパス藤田が倒され、フリーキック。

位置はゴール正面やや左より。距離はかなりあります。

ジュビロの壁は4人。GK川口は真ん中よりやや左に位置しています。

本田圭佑の蹴ったボールは壁を避け、ゴールのやや左に向かって飛んで行きます。

ボールの弾道は選手の背の高さぐらいですが、ゴールが近付くに連れ、落下。

向かう先は、GKのほぼ正面。動くことなく、捕球体勢の川口。

ボールがGK川口に達するときには、地面から20センチから30センチぐらいの高さまで落下しています。

これは決まらないな、と思いきや、GK川口がポロリ。

おそらく捕球直前にボールが不規則に変化したのでしょう。

解説者も言っていましたが、本田圭佑得意の無回転だと思います。

川口能活、悔しいでしょうね。




【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

ヘラクレス戦での本田圭佑


サッカー衝撃のシーン。

本田圭佑、無回転フリーキックが炸裂します。

対ヘラクレス戦。

フリーキックの位置はほぼゴールの正面ですが、かなり距離があります。

本田圭佑の蹴ったボールは壁を超え、ゴール右に向かって行きます。

ボールが飛んだコースや高さは、ゴールキーパーにとって特別難しいようには見えません。

軽くジャンプして、余裕でパンチング。

遠目にはそのように写ります。

キャッチすることもできたのでは?

しかし、映像で見るほど本田圭佑のシュートはゴールキーパーにとって扱いやすくはなかったようです。

コーナーキックに逃れることもままなりません。

あろうことか、正面にはじいてしまいます。

そこへカラブロが詰め、難なくタッチ。

最後は呆気ないゴールとなってしまいます。

おそるべき本田圭佑の無回転ブレ球シュート!




【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
タグ:FK

本田圭佑のフリーキックは曲がる


本田圭佑、力みがありません。

いい感じで蹴っています。

無回転だけが本田圭佑のフリーキックにあらず。

VVVフェンロ対フローニンゲン。

本田圭佑は中盤でちょっとした隙をつき、相手からボールを奪い取ります。

守備の意識が薄いとよくいわれますが、このようなボールの奪い方はちょくちょく見かけますし、そのあとチャンスに結び付けるシーンもけっして珍しくはありません。

中盤で気を抜くと、本田圭佑は猛然と襲いかかる、まるで肉食獣です。

狙った獲物に食らい付く姿勢は、突出した鋭さがあります。

くどいようですが、あの姿は肉食獣です。

そしてドリブルで駆け上がります。

すぐにトップスピードに。

中盤でボールを奪われた相手守備は必至で本田圭佑を止めようとしますが、ついには手を使って押し倒してしまいます。

ペナルティーエリアの少し外で、ゴールの右。

迷いのないゴールに向かって突進するドリブルは相手にとっては、本当に脅威です。

本田圭佑にしてみれば、してやったり、ではないでしょうか。

厚い壁が立ちはだかりますが、ここは本田圭佑の得意な位置です。

ゴール左隅を狙ったシュートは壁を超え、落下しながら右に曲がり、ゴールライン上あたりでワンバウンドし、ネットを揺らします。

狙いすましたシュートです。

力任せのキックではなく、ボールは計算された軌道上をきれいに描いて飛んでいます。

フリーキックを得た時点で、勝負が決まっていた、というのは言い過ぎでしょうが、中盤で隙を見せると、こんな痛い目をするという典型的なシーンです。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:FK

ガンバ大阪戦2006年8月27日



【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

サッカーJリーグの名シーンです。

本田圭佑の名古屋グランパスが2対1とリードしている場面。

グランパスに追加点の絶好のチャンスが巡って来ます。

前半34分、グランパスはフリーキックを得ます。

ボールがセットされている位置は、ゴール正面よりやや右寄り。

ガンバ大阪の壁は5人。壁の右端にはグランパスの選手が1人。

壁はゴールの左側を防御しています。そしてガンバのゴールキーパーは壁がカバーしきれない右寄りに位置しています。

セオリーどおりです。

この場面では、キッカーはゴールキーパーのいない左側を狙うことがほとんどです。壁を超え、落下しながら右に曲がるシュート。

ゴールキーパーはどうしようにも打つ手がなく、ただボールの行方を見送る。

今回の状況で直接シュートが決まるとしたら、このシーンを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。

管理人もそのパターンを思い描いていました。

解説者もやはり同じことを予測しています。

これがもっとも一般的で、得点の可能性の高い、シュートではないでしょうか。

ところが、本田圭佑は予想外の試みをします。

何とゴールキーパーがいる方を狙って蹴るではありませんか。

大胆不敵。相手ゴールキーパーに果たし状を突きつけるかのようなシュート。

驚きです。

意表を突く、とはこのことです。



見事なフリーキック。度胸も並々ならない本田圭佑。期待が膨らむばかりです。


31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

タグ:FK

本田圭佑VSジュビロGK川口



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

サッカーの醍醐味の一つにセットプレーがあります。

今回も本田圭佑のフリーキックです。

Jリーグ2006年5月7日名古屋グランパス対ジュビロ磐田。

2対1でリードされていた名古屋グランパスに後半31分フリーキックのチャンスが訪れます。

もちろん、キッカーは本田圭佑。

ゴールまでかなり距離はありますが、本田圭佑の得意な位置です。

というか、このあたりは左利きのフリーキッカーが好む位置ですね。本田圭佑も自信を持っていると思います。

壁はジュビロ3人にグランパス2人の計5人。

本田圭佑はその5枚の壁の上を超えるシュートを放ちます。無回転ではなく、ボールはジャンプする壁の上を飛び越し、落下しながら右に曲がります。

ゴール右端の上部を狙った計算されたシュートです。

本田圭佑の蹴り方を見ると、力が抜けているように見えます。

無回転の予測不能なシュートとは異なり、軌道はある程度自然な放物線を描いています。
しかしながら、ゴール前で変化が急に鋭くなっているような印象です。

GK川口のポジションは的確で、壁の位置も特に問題はないと思います。



川口能活がふてくされているように見えます。実は8月19日の試合でも本田圭佑の無回転フリーキックにゴールを割られています。


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:FK
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。