31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑の歩み



【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

小学校2年からサッカーを始め、地元の摂津FCに入団。中学生時代にはガンバ大阪ジュニアユースに所属。その当時一緒にプレーしたメンバーには、安田理大、家長昭博らがいます。

その後、星稜高校へ進学。このあたりから脚光を浴びることになります。1年時に全日本ユース選手権で準優勝。3年時の第83回全国高等学校サッカー選手権大会では石川県勢としては初のベスト4入りの原動力となりました。

2004年には特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加。ナビスコカップなどの公式戦にも起用され数試合出場を果たしました。

2005年シーズンから名古屋とプロ契約。開幕戦から先発出場しアシストを決め、翌2006年にはレギュラーに定着し、A代表にも初招集されました。しかしながら、出番はありませんでした。

2007年北京五輪アジア予選では、主力として活躍し、五輪出場権獲得に貢献した。香港戦での無回転シュートは、イリュージョンでした。

2008年1月オランダ1部リーグのVVVフェンローへ移籍。入団会見の挨拶ではオランダ語を披露し、その日のうちに試合に出場しました。

移籍第2戦目ではフル出場。VVVフェンローの調子はよくなく、5月次シーズン2部リーグ降格が決定しました。

2008年6月ワールドカップ3次予選のバーレーン戦でA代表初出場。8月の北京オリンピック本大会では一次リーグ3試合すべてに出場。残念ながら、チームは3連敗で決勝トーナメント進出を逃しました。

2008年7月入籍していたことを発表しました。お相手は元保育園勤務の女性。

2008年-2009年シーズンは2部に降格したVVVに残留。チームで主軸として活躍し、開幕から首位を独走するチームの原動力となりました。その勢いを評価され、シーズン途中からはフリーキッカーとキャプテンを任されることになりました。

4月24日の対ハーレム戦で勝利し、2部優勝と1年での1部復帰を達成。リーグ戦計36試合に出場し、16得点13アシストをあげた活躍が評価され、2部リーグで年間最優秀選手賞(MVP)を受賞をいう栄誉に輝きました。

2009年5月27日のキリンカップの対チリ戦でA代表初ゴールを記録。

次シーズンはVVVフェンローから他チームへの移籍が濃厚のようです。オランダのビッグクラブからだけではなく、ヨーロッパ各国の名だたるクラブからオファーを受けている模様。あのプレミアリーグの強豪チェルシーFCまでも…

シーズン終了後、移籍先がどうなるのか本田圭佑から目が離せません。


31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。