31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑ミドルとヘッド


サッカーオランダリーグ HFC Haarlem VS VVV Venlo

この試合の本田圭佑のポジションはセンター。

司令塔ですね。

でも、いつものワイルドなプレーは健在です。

この日は2ゴール。

最初の得点は、ペナルティーエリアの外からのミドルシュートです。

左に移動しながらバックパスを受けると、ノートラップでグラウンダーのシュート。

ボールはゴール左隅に。

ライナー性のシュートとは異なり、見た目の迫力はイマイチ欠けるかもしれませんが、ゴールキーパーにとっては、はるかにさばきにくいシュートだと思います。

一見地味ですが、鋭いコースを突いた技有りのショートです。

それにしても、本田圭佑を始めオランダリーグの選手はミドルシュートをよく打ちます。

観客の反応もよい、と思います。たとえ、枠を外れても、声援が沸き上がります。

シュートを積極的に打ち合う試合は、見ていてウキウキします。

日本選手ももっと大胆にミドルシュートを打つ習慣を身に付けて欲しいものです。

2点目はドンピシャのヘッド。

右の深い位置からのフリーキック。

本田圭佑はゴール右から中央に移動します。マークは1人付いていますが、本田圭佑の前に出ることはできません。

勢いよく走りながらジャンピングヘッド。

マークは最後まで後手。気持ちよく決めた、という感じですね。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130734028

この記事へのトラックバック
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。