31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑2ゴール!オランダ杯3回戦



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

今回は本田圭佑のアシストシーンから始まります。

自陣でボールを奪うときの体の使い方のうまさが光ります。

ボールを奪ってからは猛然と相手陣内に向かって奪取します。

ハーフラインを通過したあたりでは、相手の守備陣は3人が直線上に並んでします。

VVVフェンロは中央に1人。両サイドに1人ずつ。

中央に位置しているのは、カラブロ。

オフサイドぎりぎりの位置です。

突然カラブロが右に走り出します。

その瞬間、本田圭佑はカラブロの左にスルーパスを出します。

カラブロにはマークが付いていません。

飛び出しのタイミングとパスを出すタイミングが絶妙です。

カラブロは守備陣のど真ん中を突進します。

ゴールキーパーがペナルティーエリアのラインまで出て来ますが、カラブロは落ち着いて右足でゴール右にシュートを決めます。

本田圭佑の得点シーンは強烈です。

映像を見た印象では、マークについた選手は、まさかあの位置からシュートを打つとは思っていなかったのでは。

マークの仕方がイマイチ厳しくないと思います。

他の守備陣も同様にシュートされるとう緊迫感が薄い感じです。

シュートが決まったあとで愕然。こんなはずでは。そんな感じが画面から見て取れます。

正に意表を突いたシュートですね。

シュートが決まった位置も最高の場所でした。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。