31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑無回転シュートを語る



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

名古屋グランパス時代の本田圭佑がインタビューに答えています。

パコーンという感じだそうです。

何のことかというと、例の無回転のボールを蹴るときの感覚のことです。

感覚的に表現されても、まったくわかりませんね。

パコーンだそうです。

本田圭佑は繰り返し語っています。

ボールの中心を蹴ること。変なところを蹴ると、回転してしまう、とも。

簡単に表現していますが、地面に静止しているボールの中心を捕らえるのは、難しい技術です。

無回転シュートは蹴り方以外に、ボールにも秘密があるらしいのです。

今使われているボールは縫い目がなく、表面の凹凸が浅く、きれいな球体をしています。

というのも、接着剤と熱で表面を張り合わせているためです。

そのため中心を蹴れば、あの不規則な軌道を描く無回転シュートになりやすいそうです。

また、よく飛ぶそうですが、その反面、コントロールは難しい、という特徴があります。

以前サッカーボールといえば、五角形と六角形を縫い合わせたものが主流でした。

今ではあまり見かけなくなりましたが、この従来型のボールは手縫いで、形状的には今使われているボールに比べて、凹凸が深く、多少歪だったようです。

本田圭佑の今回のシュート場面は2つ。

その1つが2006年8月19日のジュビロ磐田戦です。

もちろんフリーキック。もちろん無回転です。

GK川口能活が体のほぼ正面でボールを捕らえたかに見えましたが、ポロリ。

何とハンブルし、そのままゴールイン。

川口、悔しかったでしょうね。



しかし、本田圭佑、以外ですね。ヘディングが好きじゃないそうですね。長身なので、ヘディングシュートも磨いて欲しいと思います。


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。