31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑FC Omniworid戦でのドリブル突破



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

オランダリーグでの本田圭佑。

映像の前半ではほとんど本田圭佑は登場しません。

何度かは名前が聞かれますが、目立った活躍はありません。

試合は激しい点の取り合い。

少し大味な展開ですが、流れの速い試合は見応え十分です。

というか得点シーンが満載で、何試合かまとめて見ているような感じがします。

まるで数試合分のダイジェストみたいですね。

後半部分から本田圭佑が活躍します。

まずは右からグラウンダーのパス。きれいなアシストです。

活躍はアシストだけに止まりません。

中盤でスローインからパスを受けると、鋭い切り返しでマークを振り切り、ドリブル突破。

そして豪快なミドルシュート!

瞬時の判断で相手を置き去りにして突き進むドリブル。

本田圭佑のもう一つの凄さをまざまざと見せつけてくれます。



【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

本田圭佑のドリブル突破、超一級です。

これからも技を磨いてくれることを信じています。

高校時代の本田圭佑



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

高校サッカー選手権 平成17年度準決勝。

市立船橋×星稜

これぞ高校サッカーの名勝負です!

高校時代の本田圭佑(星稜)の素顔が見られます。赤いキャプテンマークを巻き、凛々しい表情をしています。

試合は星稜が1点リードし、市立船橋が追い付き、そして逆転。

両校の力は拮抗しています。

満員の観客の中、両雄相譲らず緊迫の激しい熱戦が続きます。

後半ロスタイムに星稜が同点に追い付く白熱の展開。

2-2の同点まま試合はPK戦に…

このPK戦も接戦です。

高校サッカー史に残る試合だと思います。



本田圭佑のPKはいかがでしたか?落ち着いていますね。さすがキャプテンを任されるだけの器を感じます。

本田圭佑のプレースキックでの集中力は並々ならないものがあると思います。


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。
タグ:PK

ドーハアジア大会2006サッカー・パキスタン戦でのFK



【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

2006年ドーハアジア大会でのサッカー男子予選のパキスタン戦。

この試合でも本田圭佑が圧倒的な存在感を示しています。先制点をあげたフリーキックは圧巻です。

映像はほとんど本田圭佑のフリーキック1本だけですが、これが大迫力です。

それにしても、パキスタンは本田圭佑のフリーキックに対して無防備過ぎます。

壁が1人では、あのシュートはどうにも防ぎようがありません。

本田圭佑の情報収集をしていなかったのでは?

あの守備体系は直接シュートすることを想定していません。

重複しますが、あまりにも無防備です。

無回転のブレ球ばかりが取り上げられていますが、本田圭佑のキックは精度が高く、いつもゴールの隅を狙っています。

もちろん、スピードも超一級です。

パキスタンの失点は守備体系のミスもあるでしょうが、あのシュートでは、効果的な防ぎ方はなかったかも…

強いていえば、壁の人数を増やし、プレッシャーを与えることぐらいができ得る唯一の術だったかも知れません。

試合結果は3-2で日本の勝利。



無回転男・本田圭佑お見事!


31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

これぞ本田圭佑流無回転フリーキック!



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

本田圭佑はサッカー選手?

あのシュートはマジック!それともイリュージョン?

北京オリンピックサッカー2次予選 香港戦での驚異のパフォーマンス。

ボールに仕掛けが?と思わせるほどの超ブレ球!

こんなシュート見たことがありません。

ゴールキーパーはお手上げです。なす術がありませんね。ただボールの行方を目で追いかけるのが精一杯で、呆然としているようにも見えます。

それにしても、香港の守備まずいですよね。壁に人数をかけなければ…

もっとも、3人ぐらい並べても、役には立たなかったかもしれませんが。

その驚きのシュートをご覧ください。



いかがでしたか、本田圭佑の超驚きのシュート?


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

本田圭佑の歩み



【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

小学校2年からサッカーを始め、地元の摂津FCに入団。中学生時代にはガンバ大阪ジュニアユースに所属。その当時一緒にプレーしたメンバーには、安田理大、家長昭博らがいます。

その後、星稜高校へ進学。このあたりから脚光を浴びることになります。1年時に全日本ユース選手権で準優勝。3年時の第83回全国高等学校サッカー選手権大会では石川県勢としては初のベスト4入りの原動力となりました。

2004年には特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加。ナビスコカップなどの公式戦にも起用され数試合出場を果たしました。

2005年シーズンから名古屋とプロ契約。開幕戦から先発出場しアシストを決め、翌2006年にはレギュラーに定着し、A代表にも初招集されました。しかしながら、出番はありませんでした。

2007年北京五輪アジア予選では、主力として活躍し、五輪出場権獲得に貢献した。香港戦での無回転シュートは、イリュージョンでした。

2008年1月オランダ1部リーグのVVVフェンローへ移籍。入団会見の挨拶ではオランダ語を披露し、その日のうちに試合に出場しました。

移籍第2戦目ではフル出場。VVVフェンローの調子はよくなく、5月次シーズン2部リーグ降格が決定しました。

2008年6月ワールドカップ3次予選のバーレーン戦でA代表初出場。8月の北京オリンピック本大会では一次リーグ3試合すべてに出場。残念ながら、チームは3連敗で決勝トーナメント進出を逃しました。

2008年7月入籍していたことを発表しました。お相手は元保育園勤務の女性。

2008年-2009年シーズンは2部に降格したVVVに残留。チームで主軸として活躍し、開幕から首位を独走するチームの原動力となりました。その勢いを評価され、シーズン途中からはフリーキッカーとキャプテンを任されることになりました。

4月24日の対ハーレム戦で勝利し、2部優勝と1年での1部復帰を達成。リーグ戦計36試合に出場し、16得点13アシストをあげた活躍が評価され、2部リーグで年間最優秀選手賞(MVP)を受賞をいう栄誉に輝きました。

2009年5月27日のキリンカップの対チリ戦でA代表初ゴールを記録。

次シーズンはVVVフェンローから他チームへの移籍が濃厚のようです。オランダのビッグクラブからだけではなく、ヨーロッパ各国の名だたるクラブからオファーを受けている模様。あのプレミアリーグの強豪チェルシーFCまでも…

シーズン終了後、移籍先がどうなるのか本田圭佑から目が離せません。


31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。