31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑左足と勝利にこだわる



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑がインタビューに答えています。

落ち着いた表情で、とても丁寧な言葉遣いです。

2006年7月9日のSportsStadium。

映像は名古屋グランパスのオランダ合宿から始まります。

本田圭佑は謙虚に、かつ情熱的に思いを語っています。

清々しい表情は好感。

日本代表への意欲。世界のサッカーと日本サッカーとの差。熱い思いが本田圭佑の口から次々と出て来ます。

どちらかというと、冷静にさえ感じられる口調は、かえっての熱情を物語っていると思います。

日本代表への熱い思いは、言葉よりも表情が端的に表しているでしょう。

左足にこだわる。

勝利にこだわる。

最大の満足感は自分がいいプレーしたあとに勝利がついて来ること。

試合やチームに対する姿勢。そしてリーダーシップ。ワールドカップへの想い。

同世代や近い年代の選手には絶対負けたくない。

本田圭佑の力強い言葉が続きます。



本田圭佑はリーダーに相応しい性格だと感じました。クラブチームを引っ張る原動力になる素養はもちろん、日本代表もけん引してくれると信じています。


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:Jリーグ

ガンバ大阪戦2006年8月27日



【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

サッカーJリーグの名シーンです。

本田圭佑の名古屋グランパスが2対1とリードしている場面。

グランパスに追加点の絶好のチャンスが巡って来ます。

前半34分、グランパスはフリーキックを得ます。

ボールがセットされている位置は、ゴール正面よりやや右寄り。

ガンバ大阪の壁は5人。壁の右端にはグランパスの選手が1人。

壁はゴールの左側を防御しています。そしてガンバのゴールキーパーは壁がカバーしきれない右寄りに位置しています。

セオリーどおりです。

この場面では、キッカーはゴールキーパーのいない左側を狙うことがほとんどです。壁を超え、落下しながら右に曲がるシュート。

ゴールキーパーはどうしようにも打つ手がなく、ただボールの行方を見送る。

今回の状況で直接シュートが決まるとしたら、このシーンを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。

管理人もそのパターンを思い描いていました。

解説者もやはり同じことを予測しています。

これがもっとも一般的で、得点の可能性の高い、シュートではないでしょうか。

ところが、本田圭佑は予想外の試みをします。

何とゴールキーパーがいる方を狙って蹴るではありませんか。

大胆不敵。相手ゴールキーパーに果たし状を突きつけるかのようなシュート。

驚きです。

意表を突く、とはこのことです。



見事なフリーキック。度胸も並々ならない本田圭佑。期待が膨らむばかりです。


31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

タグ:FK

本田圭佑VSジュビロGK川口



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

サッカーの醍醐味の一つにセットプレーがあります。

今回も本田圭佑のフリーキックです。

Jリーグ2006年5月7日名古屋グランパス対ジュビロ磐田。

2対1でリードされていた名古屋グランパスに後半31分フリーキックのチャンスが訪れます。

もちろん、キッカーは本田圭佑。

ゴールまでかなり距離はありますが、本田圭佑の得意な位置です。

というか、このあたりは左利きのフリーキッカーが好む位置ですね。本田圭佑も自信を持っていると思います。

壁はジュビロ3人にグランパス2人の計5人。

本田圭佑はその5枚の壁の上を超えるシュートを放ちます。無回転ではなく、ボールはジャンプする壁の上を飛び越し、落下しながら右に曲がります。

ゴール右端の上部を狙った計算されたシュートです。

本田圭佑の蹴り方を見ると、力が抜けているように見えます。

無回転の予測不能なシュートとは異なり、軌道はある程度自然な放物線を描いています。
しかしながら、ゴール前で変化が急に鋭くなっているような印象です。

GK川口のポジションは的確で、壁の位置も特に問題はないと思います。



川口能活がふてくされているように見えます。実は8月19日の試合でも本田圭佑の無回転フリーキックにゴールを割られています。


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:FK

本田圭佑無回転シュートを語る



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

名古屋グランパス時代の本田圭佑がインタビューに答えています。

パコーンという感じだそうです。

何のことかというと、例の無回転のボールを蹴るときの感覚のことです。

感覚的に表現されても、まったくわかりませんね。

パコーンだそうです。

本田圭佑は繰り返し語っています。

ボールの中心を蹴ること。変なところを蹴ると、回転してしまう、とも。

簡単に表現していますが、地面に静止しているボールの中心を捕らえるのは、難しい技術です。

無回転シュートは蹴り方以外に、ボールにも秘密があるらしいのです。

今使われているボールは縫い目がなく、表面の凹凸が浅く、きれいな球体をしています。

というのも、接着剤と熱で表面を張り合わせているためです。

そのため中心を蹴れば、あの不規則な軌道を描く無回転シュートになりやすいそうです。

また、よく飛ぶそうですが、その反面、コントロールは難しい、という特徴があります。

以前サッカーボールといえば、五角形と六角形を縫い合わせたものが主流でした。

今ではあまり見かけなくなりましたが、この従来型のボールは手縫いで、形状的には今使われているボールに比べて、凹凸が深く、多少歪だったようです。

本田圭佑の今回のシュート場面は2つ。

その1つが2006年8月19日のジュビロ磐田戦です。

もちろんフリーキック。もちろん無回転です。

GK川口能活が体のほぼ正面でボールを捕らえたかに見えましたが、ポロリ。

何とハンブルし、そのままゴールイン。

川口、悔しかったでしょうね。



しかし、本田圭佑、以外ですね。ヘディングが好きじゃないそうですね。長身なので、ヘディングシュートも磨いて欲しいと思います。


【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

本田圭佑A代表初ゴール



【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

2009年5月27日 サッカー日本代表対チリ戦。

山田直輝→本田圭佑のホットラインが開花!

山田直輝代表デビュー戦で冷静なアシスト+本田圭佑の豪快な代表初ゴール!

美しいゴールの瞬間です。

非常に早い球回しでの展開は、見事ですね。

これぐらいシンプルに素早く攻撃できれば、相手に付け入るスキを与えることはないでしょう。

山田直輝はシュートを打つこともできましたが、シュートを打つと見せかけるフェイントでチリの守備は完全に振り回されています。

このフェイントで本田圭佑のシュートコースが広がります。

そして本田圭佑のシュート。

まったく迷いがありません。シュート以外頭にない。そんな印象です。

清々しいほど単純明快なプレイは、見応え十分。見ていて楽しいシーンです。



左サイドからの素早い展開で、しかもノートラップのグラウンダーのシュート。キーパーはどうしようもありません。

シンプルなプレイは最高です。スピードこそサッカーの命。本田圭佑にはこの道を突っ走ってもらいたいと思います。


名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。
タグ:日本代表
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。