31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑ミドルシュート&アシストUTR - VVV


今回は本田圭佑のアシストシーンから始まります。

自陣でボールを奪うときの体の使い方のうまさが光ります。

ボールを奪ってからは猛然と相手陣内に向かって奪取します。

ハーフラインを通過したあたりでは、相手の守備陣は3人が直線上に並んでします。

VVVフェンロは中央に1人。両サイドに1人ずつ。

中央に位置しているのは、カラブロ。

オフサイドぎりぎりの位置です。

突然カラブロが右に走り出します。

その瞬間、本田圭佑はカラブロの左にスルーパスを出します。

カラブロにはマークが付いていません。

飛び出しのタイミングとパスを出すタイミングが絶妙です。

カラブロは守備陣のど真ん中を突進します。

ゴールキーパーがペナルティーエリアのラインまで出て来ますが、カラブロは落ち着いて右足でゴール右にシュートを決めます。

本田圭佑の得点シーンは強烈です。

映像を見た印象では、マークについた選手は、まさかあの位置からシュートを打つとは思っていなかったのでは。

マークの仕方がイマイチ厳しくないと思います。

他の守備陣も同様にシュートされるとう緊迫感が薄い感じです。

シュートが決まったあとで愕然。こんなはずでは。そんな感じが画面から見て取れます。

正に意表を突いたシュートですね。

シュートが決まった位置も最高の場所でした。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:アシスト

本田圭佑2ゴール!オランダ杯3回戦



名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

今回は本田圭佑のアシストシーンから始まります。

自陣でボールを奪うときの体の使い方のうまさが光ります。

ボールを奪ってからは猛然と相手陣内に向かって奪取します。

ハーフラインを通過したあたりでは、相手の守備陣は3人が直線上に並んでします。

VVVフェンロは中央に1人。両サイドに1人ずつ。

中央に位置しているのは、カラブロ。

オフサイドぎりぎりの位置です。

突然カラブロが右に走り出します。

その瞬間、本田圭佑はカラブロの左にスルーパスを出します。

カラブロにはマークが付いていません。

飛び出しのタイミングとパスを出すタイミングが絶妙です。

カラブロは守備陣のど真ん中を突進します。

ゴールキーパーがペナルティーエリアのラインまで出て来ますが、カラブロは落ち着いて右足でゴール右にシュートを決めます。

本田圭佑の得点シーンは強烈です。

映像を見た印象では、マークについた選手は、まさかあの位置からシュートを打つとは思っていなかったのでは。

マークの仕方がイマイチ厳しくないと思います。

他の守備陣も同様にシュートされるとう緊迫感が薄い感じです。

シュートが決まったあとで愕然。こんなはずでは。そんな感じが画面から見て取れます。

正に意表を突いたシュートですね。

シュートが決まった位置も最高の場所でした。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

これが本田圭佑のパワーだ



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑のいいとこ取りをしたダイジェストです。

サッカーフリークなら、本田圭佑ファンならずとも目が釘付けになるシーン満載です。

左サイトからの鋭いクロスでのアシストがまず目を引きます。

中央を突破するだけが、本田圭佑の魅了ではありませんね。

サイドをぐんぐん、がんがん駆け抜けるパワーは迫力もの。

ヨーロッパの選手にも走り負けしない姿はほれぼれします。

この映像にはyoutubeにたくさんの書き込みがあります。

少し引用してみましょう。

◇最後のシュート、代表でも
見せてもらいたいです^^?

◇こうやって見るとCK,遠目のFKは蹴らないんだな
そりゃ代表でも蹴らせてもらえないわ?

◇最後のドリブルシュートかっけえ?

◇ゴネナくて思い切りの良いプレーするなー。

◇俊輔中心の代表の試合とは違い観ててスカッとする。

◇今まで色々な選手に期待してガッカリした経験が多いからあまりマ ンセーしたくないけど、本田には期待してしまう。?

◇俊輔はせいぜいアジアカップ程度じゃないと通用しない。
本田は十分世界でも通用するし、未来がある選手!!?

◇岡田に本田を生かせる器はない。そしてチームは監督のレベルを超えない。よって代表は岡田と中村で無理心中。

◇本田 玉田 中村 サウスポーが重要なんだ。W杯では彼らが重要なんだ。頑張れ。? 俊輔は要らない。総合的にみてマイナス要素が多すぎる。?

こんな具合です。




【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

本田圭佑U-21中国で爆発



31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

2006年8月7日アウェー中国での試合。

2008年北京五輪へ向けてのサッカー反町康治監督の初陣となります。

競技場は雨模様。

前半0対0のまま後半に突入します。

試合が動くのは、後半開始後6分。

この試合の最高のシュートシーンが訪れます。

右からのクロスに左サイドに位置していた本田圭佑が走り込み、豪快なジャンプ。

中国の守備は2人いますが、本田圭佑をマークしきれていません。

ボールを頭で捕らえたときには、本田圭佑は守備の2人を完全に振り切っています。

シュートが放たれる前に、ゴールキーパーはクロスに釣られ、右に移動。

しかし、本田圭佑のシュートはゴールキーパーの左へ。

しかも地面に叩き付けるシュート。

右に移動したゴールキーパーは体勢を左に戻すことができません。

得点が決まった瞬間、会場に歓声はありません。

アウェイであることをまざまざと実感させられる光景です。



結果は2対0で日本代表の勝利で終わりました。

本田圭佑のヘディングシュートは大迫力です。


【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム


U-21Japan合宿2006年8月



【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

日本サッカー、世界的な規模の大会ではなかなか結果が出せません。

今回の映像は北京五輪を2年後に控えた2006年のU-21の合宿の模様。

いきなり前代表監督オシムさんの姿が登場します。険しい表情です。

もっとにこやかな表情をしたらよいのに、と余計なことを感じました。

日本代表監督ともなると、へらへらしていられないのでようけれども。

映像には次の選手が登場します。

カレン・ロバート。平山相太。森本貴幸。

もちろん、本田圭佑も。

森本貴幸、頑張っていますね。若くしてイタリアに渡っていますが、着実の成長していると思います。

カレン・ロバートはどうしたのでしょうか。

平山相太(この映像当時はオランダ・ヘラクレス)もぱっとしませんね最近。

この合宿当時は両選手ともかなり期待された存在でしたが、本番の北京五輪には選出されませんでした。

反町康治監督は本田圭佑の将来性について語っています。スーパーになれる、と。



各年代の日本代表に選ばれ、結果を出し、期待が膨らむ本田圭佑。

さらなる活躍を期待します。


名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。