31.3kgダイエットと10歳若く見られる方法

本田圭佑乱闘か?


本田圭佑2ゴールの活躍。

サッカーオランダリーグ2009-2010シーズン VVV Venlo vs ADO Den Haag

2対0とリードされてからの怒濤の反撃はやはり本田圭佑のミドルシュートから。

この恐るべきミドルシュートは、既にこのブログで紹介しているので、説明は省きます。
しかし、何度見ても胸のすく天晴れなゴールです。

それにしても、フェンロ、呆気なく2点先制されていますね。

これで大丈夫かいな、と思わせる立ち上がりです。

試合は開始直後から少し荒れた感があり、闘志あふれる、激しい試合展開を予想させます。

実はかなり荒れた試合に…

本田圭佑の同点に追い付く場面は右サイドからの展開です。

7番のシャカ(おそらく)がステップを踏み、相手守備をかわし、クロス。

ボールはややゴールの方に向かいながら、ゴール前を通過します。

本田圭佑はゴール右に走って上がり、ジャンプ。

ゴールとの間に相手ディフェンスが位置し、ジャンプしていますが、本田圭佑の打点が高く、まったく防ぐことができません。

ゴールキーパーは後ずさりながらボールをキャッチ。

うまくキャッチしたように見えましたが、ボールはゴールラインを通過した模様。

ゴールキーパーは必至にゴールライン上にボールを置くようにして、ボールの位置をアピールしますが、判定はゴールイン。

この後、2人目の退場者が出ます。

ここから険悪な雰囲気になります。本田圭佑がさっさと退場しない相手選手に軽く体をぶっつけたからです。

言葉でアピールすれば、こんなことには…

あわや乱闘か、と思わせる空気が漂いましたが、何とか回避。

騒ぎが収まると、本田コール。

無事に試合が終わって何よりです。




【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。


本田圭佑アシスト


キャプテンマークと背番号10がすっかり板に付いてきた本田圭佑。

今やサッカーオランダリーグの話題の人物と言っても過言ではないでしょう。

フィジカル、スキルはもちろん、シュートに対する意識もヨーロッパ選手にまったく引けを取りません。

本田圭佑のゴールシーンを中心にお届けしていますが、今回はアシスト。

オランダリーグ2009-2010シーズン VVV - NEC

余裕が感じられるプレーです。熱くなるシーンではありませんが、本田圭佑のクロスの精度の高さをはっきりと見ることができます。

ペナルティーエリア内へスルーパス。本田圭佑はゴール前のカラブロの位置を確認しながらゴールラインに真っ直ぐ向かって走ります。

マークは付いて来ていますが、遅れ気味。

本田圭佑は、トラップしないで直接クロスを上げます。軽いタッチで、いかにも狙いを定めて蹴った、という感じです。

正に狙いどおり。

走り込んで来たノーマークのカラブロも余裕でヘッド。

守備体系を整える暇を与えない速攻と正確なクロスが生んだゴールです。

落ち着いた本田圭佑のプレー。

ゴールが決まった後も淡々とした表情に見えます。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:アシスト

GK川口、本田圭佑は天敵?


Jリーグを回顧。

サッカーファンにはおいしいシーン。

すこし古い映像ですが、本田圭佑の底力、恐るべしです。

2006年8月19日名古屋グランパス対ジュビロ磐田。

前半28分、右サイドに深く切れ込んだ杉本が大きくボールを下げます。

そのボールを右寄りに位置している本田圭佑がペナルティーエリアからかなり離れた位置で受けます。

ボールをトラップした瞬間、相手守備が詰めて来ますが、本田圭佑はトラップ後、迷わず左足を振り抜きます。

ボールはゴール右端上部に。

GK川口能活、手が届きません。ポジショニングは悪くないと思います。

守備も詰めてはいますが、本田圭佑のシュートタイミングの早さと狙ったコースには手の施しようがなかったのでは、と思えるシーンです。

次のシーンは前半33分。

グランパス藤田が倒され、フリーキック。

位置はゴール正面やや左より。距離はかなりあります。

ジュビロの壁は4人。GK川口は真ん中よりやや左に位置しています。

本田圭佑の蹴ったボールは壁を避け、ゴールのやや左に向かって飛んで行きます。

ボールの弾道は選手の背の高さぐらいですが、ゴールが近付くに連れ、落下。

向かう先は、GKのほぼ正面。動くことなく、捕球体勢の川口。

ボールがGK川口に達するときには、地面から20センチから30センチぐらいの高さまで落下しています。

これは決まらないな、と思いきや、GK川口がポロリ。

おそらく捕球直前にボールが不規則に変化したのでしょう。

解説者も言っていましたが、本田圭佑得意の無回転だと思います。

川口能活、悔しいでしょうね。




【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。

本田圭祐脅威のミドルシュート


本田圭佑の弾丸ミドルシュート。

2009年8月9日サッカーオランダリーグ VVV vs ADO

2試合連続となる本田圭佑の迫力の得点シーンです。

攻撃は中盤から一気に展開して行きます。

本田圭佑は一旦、味方にパスし、そのやや左後方をゴール正面に向かって駆け上がります。

このときの2人の突進はかなりスピードに乗っています。守備体系は整っていません。

ドリブルで駆け上がる選手はゴール正面に向かっています。

彼に対するマークは詰め切れていません。

守備の人数が十分といえない状態です。

ドリブルでそのまま中央突破もできそうな守備体系です。

早い攻撃に守備体系を整える余裕がありません。

本田圭佑がさらに中央寄りに移動しかけたときに、ドリブラーがパスを出します。

本田圭佑にマークは付き切れていません。

ゴールまでに遮る選手もいません。

本田圭佑はノートラップでペナルティーエリアの外から左足を振り抜きます。

低い弾道がゴールキーパーの左を突き刺します。

ボールの勢いは相当なものです。ネットにボールが当たった瞬間、ゴールポストが動いています。

本田圭佑の思いっ切りのよさには、いつもほれぼれさせられます。

シュートタイミングは、他の日本人選手には見られない素早さがあると思います。

シュートに対する意識。

本田圭佑の大きな魅力のひとつです。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム

逆噴射しました本田圭佑さん


またもや本田圭佑さん、ごめん。

今回もサッカーとは関係のない話です。本田圭佑ファン、サッカーファン、スポーツフリークのみなさん、すみません。

またまた、尾籠な話題です。

この前は腸の内視鏡検査のことをお話しましたが、今回は注腸検査。

前日の朝食から事前準備の始まりです。

お粥に卵のあんかけ、それにみそ汁。

前回の内視鏡検査の前夜の夕食と同じメニューです。

10時に液体の下剤を水に溶かして飲みました。

昼食は、お粥にかつおのふりかけ、そしてすまし汁。

間食にはエネルギー補給飲料、ビスケット、キャンディー。

夕食はといえば、ポタージュスープだけ。

午後7時に液体の下剤を水に溶かして飲み、9時には粉状の下剤をやはり水に溶いて飲みました。

10時と就寝前にそれぞれ水を200ml程度を補給。

しかし、眠れず。11時過ぎに便意を催し、トイレへ。

下痢。断続的に続きましたが、苦痛はありません。その夜はお腹の方はそれで落ち着きました。

翌朝6時、便意を催して目覚め、トイレ直行。

スムーズに下痢。トイレから出て水を飲み、しばらく様子見。

その後、坐薬を注入。25分後トイレへ。便はあまり出ませんでした。

砂糖入りの紅茶を少し。いざ病院へ。

検査室で検査着に着替え、検査台に。ここからが悲惨。

バリウムを肛門から注入され、腹部は膨張。排便したいような感覚でした。そして内部を膨らますためにエアーが送り込まれます。

これが苦しい。そしてみっともない光景がこの後訪れます。

肛門に締まりがないので、突っ込まれていたバリウムの管が外れてしましい、バリウムを逆噴射してしまう羽目に。

下半身はバリウムまみれ。気持ち悪いといったら、ありません。

初めからやり直しです。

いざ、撮影が始まると、今度は肛門からエアーが抜け始めます。

肛門に締まりがないので、我慢できません。下痢のときのような感覚で、便が出ているのではないかと心配でした。

検査台はバリウムの逆噴射で真っ白。

腹部の苦しさと脱糞しているのではないかという不安。そして水分をとりすぎたせいか、直前にすませていたにもかかわらず尿意が。正に三重苦です。

これは拷問か?

撮影が終わると、ほっとした、というよりも羞恥心の方が勝っていました。

トイレ直行。

バリウムを逆噴射し、看護師さんから渡された蒸しタオルでバリウムまみれの下半身を拭くことに。みじめ。

検査後は内視鏡検査よりは、らくでした。ガスも早めに抜けましたし、苦痛はすぐに収まりました。

胃の検査のようにバリウムが排泄されるまで、時間はかかりませんし、不快感もあまりありません。

逆噴射がなければ、検査後の印象もかなり異なっていたのでは…

肛門に締まりがないために…というか、そのために手術しなければならないので、検査を受けたわけです。

しばらく先のことになりますが、今度は手術の話題を。

看護師さんのやさしさが救いでした。

本田圭佑さん、再びごめん。そして勇気をありがとう。




【サッカー】ピンポイント・キック!プログラム
タグ:その他
多汗症の悩み、完全治療マニュアル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。